HSP/トラウマヒーリングの基礎知識3 ~潜在意識のコアからヒーリングすることがヒーリングのカギ~

Holistic Healing
AI (Artificial Intelligence) concept. Deep learning. Mindfulness. Psychology.

 


心理療法、精神医療でも解決できないうつ病も楽々克服!
即日から結果のでるヒーリング

はじめに

ヒーリングで一番重要なことは、潜在意識のコアをいかにヒーリングすること。
ここでは、潜在意識とヒーリングとの関わりについて説明します。

トラウマは脳幹(=潜在意識のコア)に集う

人の意識と脳との間には、
きちんとした対応関係が成立していることを説明しました。

では、心の病とは何なのかというと、
脳の働きの異常あるいは不安定さということになります。

戦前、悪評高い「ロボトミー手術」というものがありました。
これは、脳の前頭前野を破壊することで精神病が治ると言われていたもので、
実際に、頭骸骨に穴を空け脳の前頭前野をかき混ぜて破壊するという手術が行われていました。

実際に、攻撃的暴力的であった人も大人しくなるのですが・・
ただ植物人間のような状態で治療といったものではありませんでした。
脳がダメージ、損傷を受けることで、心、人格も変化してしまうのです。

同じ様に、人間の脳も目にはみえない「ストレス」というダメージによって脳の働き方に異常が生じているのです。そのダメージの後遺症が、トラウマ「PTSD/解離性障害」であって、自律神経失調症、うつ病などの気分障害を引き起こしていきます。

人が外界から受けたストレス刺激の信号は、最終的には、脳の中央部にある脳幹部、言い換えると潜在意識の最深部に到達します。すなわち、恐怖、不安といった「負のエネルギー」は、脳幹部(潜在意識の最深部)にトラウマとして蓄積されていきます。

この脳幹部は、下記のような人体の生命維持活動において重要な役割を担っています。

脳幹部の働き
・自律神経
・睡眠中枢
・摂食中枢
・ホルモン分泌
・体温

脳幹には、みて分かるように、トラウマ的な自律神経失調症、睡眠障害、摂食障害といった諸症状とも深く関わっており、自律神経の乱れ(自律神経失調症)は、感情、体調不良、さらにはうつ病など精神、体調面のバランスに影響してきます。

脳幹は、生命維持活動、つまり健康に関わる部分をほとんど担っている健康中枢ともいえる部分です。
トラウマによってダメージをうけやすいため、そのダメージを取り除いてあげることが、本当のヒーリングに繋がってくることになります。
それが、潜在意識のコア部にも相当しているため、
潜在意識のコア
をヒーリングしてあげることが、
真の精神状態と体調の健康維持にもつながってくるのです。

トラウマの処理 ~潜在意識にポジティブなエネルギーを与える~

かつて、トラウマとはフロイトによって
抑圧された記憶
と解釈され、精神分析、催眠療法では、
潜在意識状態下において過去の記憶を探り出し、
トラウマを浄化する療法が行われてきました。

しかし、治癒効果には十分な実績が得られないばかりか、
潜在意識下で、ネガティブなトラウマを思い出すと、
むしろ症状を悪化させてしまう場合も出てくることが指摘されてくるようになりました。

単純に記憶を蘇らせるだけでは効果はなく、
本来のトラウマ処理にはなっていないことになります。
精神疾患を引き起こす「負のエネルギー」は、
ネガティブな感情、記憶でできたストレス信号(言い換えると電気信号)で起こるものです。

実は単純に逆の「正のエネルギー」を最深部の脳幹部に注入していくことでトラウマティックな症状が解消されていきます。
「正のエネルギー」とは、
ポジティブなイメージ、感情、記憶などの良好な情報信号を脳幹部に送ってやればいいのです。
ただ、当然ですがポジティブなイメージをするだけでは効果は全くありません。
潜在意識最深部の脳幹部にまでコンタクトし「正のエネルギー」を送ってあげる必要があります。

潜在意識のコアにいかにポジティブエネルギーを送り込めるかがヒーリングのポイント!

潜在意識に深くコンタクトするには「催眠状態」下に入る必要があります。
催眠状態とは、別名「変遷意識状態(トランス状態)」ともいいます。
これは、表層意識と潜在意識状態の中間にあたる状態です。

この状態下では暗示が入りやすい状態であり、
催眠術においてもよく利用される状態です。
しかし、暗示にかかりやすい人は実際少なく、
また精神治療で行う催眠療法でも暗示は利用しません。
なぜなら、効果がすぐ切れるからです。

潜在意識にコンタクトする方法には、
催眠療法以外にも自律訓練法、瞑想法などがあります。

しかし、残念ながらほとんどの手法は、
施術中気分は和らぐのですが、効果は一時的なものであって、
本当に癒されているものではありません。

これも、潜在意識にコンタクトはしているものの、
トラウマの存在する、深い潜在意識のコア部まで
十分にコンタクトできていないからだと考えられます。

そのため、自律神経も乱れた状態のままであるので、
うつ病なども十分な治癒効果が得られないのでしょう。

本セラピーで用いる「Holistic Healing」は、
根深いトラウマの存在する深い潜在意識のコアまで到達可能な手法を用い、
人間本来に備わっている自然治癒力を発動させる新しいヒーリング手法であるので、
今までのヒーリングとは異なった爽快感と自信がみなぎってくる感覚を味わうことができます。

今まで、催眠療法、瞑想法、自律訓練法でも全く症状がよくならなかった方でも、一味違うヒーリング効果が実感できます。

Natural Selfcare Program

潜在意識の中に眠る自然治癒力のスイッチを発動可能!
新感覚・爽快感ブレインヒーリング
向精神薬に頼らず
うつ病、自律神経失調症、不安障害、摂食障害
PTSD/解離性障害
を短期克服

トラウマ/HSP/潜在意識ヒーリング
四国・愛媛・香川・高知・徳島

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました