うつ病、不安障害・悩み克服の手引書(その10) 音楽、美しい風景は潜在意識、自意識を蘇らせる

手引き
autumnal landscape with fall leaves

 


心理療法、精神医療でも解決できないうつ病も楽々克服!
即日から結果のでるヒーリング

鬱病にかかると脳内は殺風景な世界に

うつ病や解離性障害と悩みの違いの特徴の一つとして、
普通に楽しめたことでも楽しめなくなることです。

まるで、こころ(潜在意識)が死んだかのように、
感情や意欲が湧かずそれまでできていた趣味や遊びも充実して楽しめません。
遊ぶことはできるのに、なんだか空しい気持ちになるんではないでしょうか。

本を読んでも頭に入らず、ただぼーと眺めて時が過ぎるだけ。。
音楽を聴いても,空虚さが漂い、音楽も楽しめない。
テレビをみていても、バラエティー番組で聞こえてくる笑い声をきくと空しく感じる。
旅行にでても、幸せそうな家族をみると、自分の人生はなんて惨めなんだろうと感じるだけ。
外に出る機会も減り、やがて家の中でただただ、眠り続ける休日。

人と会う事もおっくう・・
人の視線が気になる・・
長期化していくと対人恐怖、視線恐怖
停滞した日々が続いて、なかなか思うように行動できなくなるため、
将来への不安も増していくことになります。

発症当初は、それほど辛いものではなく、深刻な症状とは思えないでしょう・・。

この気分がムンムンとした万年曇り雨の日がいつになったら晴れるのか・・。
3年後はよくなっているのか
6年後・・
やがて、もう治らないのかという絶望感へと変わっていくんです。

ましてや、精神科へ行き投薬治療を何年も続けてしまうと、それだけに要する薬代、診察代ばかりがかかるだけでなく、薬害に気づけず廃人となり、末路は悲惨になっていく人達が後をたちません。

しかし、当プログラムを受けると、そんなせっかく大切な一度きりの人生も無駄にしなくて済みますのでご安心を!

「Holistic Healing」と音楽はよい組み合わせ

潜在意識は「遊ぶこと」や「気持ちいいこと」が大好きな意識です。
うつ病で停滞しまうと、音楽を聴いても、綺麗な風景さえも心に何も響きませんが、
Holistic Healing」と併用することで、短期間でたちまち感情も蘇ってきます。
早い人で、1日でもう充分という人もいます。
ちなみに向精神薬は感情を殺してしまう薬なので、
服用をしている限りよくなることはないので抜く必要があります。

そして、
本を読むことも楽しめたり
音楽を聴くのも心地よく感じたり
外に出歩くことも苦にならず、旅行も楽しめるようになります。

だいたい1か月程度でここまで回復します。
チャレンジしていく勇気も湧いてきます。

緊張感も和らぐので、視線恐怖、対人恐怖もかなり緩和し、
仕事にもバリバリ積極的に取り組めるようになるでしょう。

当「Holistic Healing」は音声なしでも効果がありますが、
音声を聴きながら行うとより脳からセロトニン、ドーパミンが分泌され、
脳内がスッキリとした爽快な気分になっていく感じになります。

深く悩んでいたこともだんだん忘れて
「なんでこんなに悩んでいたんだろう・・」
と思うくらい、こころの明るさが蘇ってきます。


実は 「Holistic Healing」 が音楽が合うのも、たまたま発見したんです。
Holistic Healing」用誘導音声をつくっていた時、
脳の中が爽やかになってくることに気づいたのです。

私がうつ病を発症してからも、ほとんど音楽は聴いていませんでした。
車の中で聴くときは洋楽や声無しの音楽だけ。
音楽を流してもボーと聞き流す程度ですね。
しかし、そんな状態でも調子がよくなってきてから、
脳が音楽に反応するようになったのです。

実際に、ポリヴェーガル理論提唱ポージェス博士も
「音楽は解離性障害にいい」と語っていますが、
Holistic Healing」と音楽との組み合わせは
解離性障害(離人症)
の解消にとても効果的です。

(離人症とは、
頭がぼーとしてもやもやとしたブレインフォグ
失感、現実感がなくなる
といったとても不快な症状)

そこで、いろんなバージョンで継続できるようにいくつかの音声を用意しました。
その組み合わせた楽曲は100曲以上あります。
Holistic Healing」用音声はトラウマケア用5バージョンの他、
自律訓練、軽運動など組み合わせたリラクゼーション用10バージョンの音声を用意しています。
これだけ開発、制作するのに1年かかりました。

潜在意識下では、下の動画のような音声を聴きながらおこなってもらいます。
(もちろん、ただ音楽を聴くだけでは効果はでません!)

あと、綺麗な風景も潜在意識に効果を与えます。
快晴な日に外を散歩するだけでもそうですが、
パソコンにある綺麗な風景画像を見ているだけでも脳が反応するのが分かります。

さらに・・
練習をこなしていくと、
目を閉じて意識を集中し綺麗な風景をイメージングするだけでも
脳内からセロトニンがでているような感覚を感じるようになります。

脳が、心地よさを感じると、イメージするだけで反応してくるようになるんですね。
ちょっとした昼休みの休憩時に、
目を閉じ綺麗な風景を眺めているように瞑想をするだけでも
瞬時に気分をリフレッシュできるようになってきます。

潜在意識は、情動に関わる報酬系回路で構成されているので、
働きが活発化してくるほど人が心地よいと感じるものはプラスとして働いてくれるようです。

潜在意識が蘇ると、生きた心地がしなかった人生も、
生きててよかった~
と感じられるようになりますよ!

おいしいものを食べる
ゲームをする
面白いテレビをみる
笑顔が戻る

楽しんで脳をいきいきとさせて人生もを好転させていきましょう!

「悟り」を開くのも、苦行だけでは開けないと仏陀が語ったように、
うつ病治療や人生上手くやっていくには遊ぶことも大切なのです。

Natural Selfcare Program

潜在意識の中に眠る自然治癒力のスイッチを発動可能!
新感覚・爽快感ブレインヒーリング
向精神薬に頼らず
うつ病、自律神経失調症、不安障害、摂食障害
PTSD/解離性障害
を短期克服

トラウマ/HSP/潜在意識ヒーリング
四国・愛媛・香川・高知・徳島

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました