抜毛癖(抜毛症)の克服法

症状別トラウマ克服

抜毛癖(抜毛症)とは

抜毛癖(抜毛症)の克服法

抜毛症などの強迫性障害は、精神疾患(うつ病など)に比較すると非常にやっかいな症状といわれています。
その原因の一つとして、脳内グルタミン酸濃度の高さが指摘されています。また、ストレスも関係しているので、運動や瞑想法を利用してストレスを解消していくことも軽減に繋がっていきます。

手袋や防止をかぶる

勉強など集中して作業をするときは、ついつい無意識に手が頭にいきがちに。
そんなときは、帽子をかぶったり、薄いゴム手袋、ゆびに絆創膏などをして毛が抜きにくいようにすると防止策となります。

家に篭らず運動や瞑想をしてストレスを発散

強迫行為は家に閉じこもっていると起こりやすくなります。
まずはなるべく外にでることを心掛けましょう。
運動をするとストレスも発散され、無意識に手が頭にいく時間も少なくなります。
あるいは、楽器演奏、絵画、ジャグリング(お手玉)など手を忙しく扱うことのできるものも効果的です。


サプリメントも有効につかう

脳内のグルタミン酸濃度を抑えるサプリメントが効くという報告もあるので、一度試してみるのもいかがでしょうか?
NAC(アセチルシステイン)というサプリメントが抜毛症に利くという報告もされています。

Natural Selfcare Program

潜在意識の中に眠る自然治癒力のスイッチを発動可能!
新感覚・爽快感ブレインヒーリング
向精神薬に頼らず
うつ病、自律神経失調症、不安障害、摂食障害
PTSD/解離性障害
を短期克服

トラウマ/HSP/潜在意識ヒーリング
四国・愛媛・香川・高知・徳島

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました