20年間のうつ病克服者が語る20 〜歪曲されていく精神疾患〜

うつ病関連記事
Colored telecommunication cables and wires as background

 


心理療法、精神医療でも解決できないうつ病も楽々克服!
即日から結果のでるヒーリング

精神科へいくと、診断名はつけてくれる

精神科に行くと、必ず「診断名」がつきます。
そして、働いている場合は「診断書」も書いてくれます。

診断書を書いてくれると。
「重症なんだ・・」と思うかもしれません。

でも、
「えっこんなので診断書でるの」
というくらい簡単に誰にでも書いてくれるんですよ。

私は別に休職したいわけではないのに、
やたらと休職を進めてくる医師が多かったです。
最初は何で、こんなに診断書書いてくれるのかとおもいきや、
何度も通ってくれるお客になるからです。

さらには、入院まで進めてくる医師もいました。
「うつ病で入院?」
うつ病で入院までするほどか?
と思い断っていましたが。
入院すると、入院費で儲かりますしね。
その時は発症して15年も通院もせず、
ずっとよくなってなかったですし重症と思ったのでしょう。

入院でリハビリに通っていたおばちゃんが、
「もう薬は嫌。のまんほうがいいよ」
と言ってました。

本物の統合失調症者は手におえず入院が必要かと思いますが、
うつ病で入院までするほどはいかないと思います。
ほとんどが、薬漬けにされた人ではないでしょうか。

昔と今の精神疾患

うつ病、精神疾患=キチガイ、無能
というイメージがもっている人も多いかと思いますが、
本来の人には攻撃的な人はいないです。

逆に温和タイプな人が多いと思います。
完璧主義な人も多くて、几帳面でいいかげんなことができないタイプ。
弱いというより、辛抱強いんじゃないかと思います。
ムリしても頑張ってしまうところがありますし。

「まったく!今回の事件でも結局『頭がオカシイからそんな犯罪をおかすんだ』と犯人を精神病扱いだ!! 君たち、誤解するなよ。ほとんどの精神病患者は攻撃的ではない!犯罪なんかおかさない!精神病患者を誤解しないでいただきたい!!!」

本当に心の病を抱えている人なんて、そんなにいない
落ち込んだり不安になったりするなんて、それは人間としてむしろ正常でしょう。結局のところ、製薬会社が病名つけて薬飲ませるターゲットを増やしたいだけ。「うつは心の風邪」で食い物にされているのです。発達障害だって、薬漬けにするカモを増やす手段。

しかし、近年は質の悪いのが増えてきていると言われています。
90年代は、メンタルヘルスという言葉もなく、
薬中=覚せい剤、麻薬中毒などの違法薬物使用者を指すイメージでした。
2000年から、SSRIとネットの普及も重なってか「メンヘラ」という用語が生まれます。
「メンヘラ」とはメンタルヘルスに問題を抱えた人のこと。


近年では、必要以上に人に構ってもらいたい『かまってちゃん』を指すことが多いようです。
SNSに常駐している人、精神医療を支持する
「かまってちゃん」「新型うつ」
に多い人達だともいわれています。


職場に新型うつの社員がいました。
一緒にいると面白いくらいに行動パターンが定型タイプと逆。
新型うつはメディア用語で、
テレビでみかけたのが2000年前半あたりくらいだったと思います。
こんなの本当にいるのかと思っていたら、
まったくパターンがその社員にあてはまっていました。

行動パターンの異常さに周囲も驚くほどなので、
私なんかよりこっちのほうがうつ病と思われていたんです。
仕事はぜんぜんしないし、休職を繰り返していたので、
その負担が周囲にかかっていました。

新型うつ、ほんと糞わがままでややこしい

希望退職制度が出た時、管理職から
「君いなくていいよ」
と言われて退職していきましたけどね。
ほんと、うんこみたいな存在です。

これは傷つきやすいだけであって、
HSP(ハイリ―センシティブパーソン)
ではないですね。

『新型うつ病(現代型うつ病)、いるな・・・。』
2019年10月25日 新型うつ病(現代型うつ病)、いるな・・・。 職場の若者がうつ病になったのだが、どうしても僕のイメージしているうつ病とは違う。恥ずかしな…

新型うつは、新種のように言われていますが、1980年頃からもいたよう。
うつ病でもなく性格的なもの(自己愛パーソナリティー)で、
向精神薬は効かないといわれています。
日本だけでなく、海外でも社会非適応者のような感じで扱われているようです。

うつ病当事者と名乗りSNSや動画配信に多いタイプも軽いうつ状態、
新型うつ系といわれています。
新型うつは意識高い系で目立ちたがり屋という感じですね。

SNS、動画で目立つ存在=新型うつ系、メンヘラが支持されているので、こういった人達を精神疾患者と思われているのかもしれません。

なぜ、こんなに薬中が増えているのか

SNSには、こうした、
新型うつタイプが精神科医の情報を鵜呑みにし、
動画でうつ病情報として(定番的)配信。
それを見て
「自分もうつ病」
と勘違いした「勘違いうつ」も増えていっているんでしょう。
今やちょっとした悩み、ストレスでも精神科を受診する人増加。

そして、薬物地獄の罠にはめられていく・・。

メンヘラでも、精神医療反対派と支持派いますが
SNSに多いのは、精神科支持派です。

薬中被害にあいたくなかったら、SNS、動画情報はみないほうがいいでしょう。

雅予さんのブログ大変よいです。なぜこうも考え方、キャラが似ているのかも不思議です。

『うつ病』
「うつ病」って、本当に世の中に溢れてるのねぇ!としみじみと実感する出来事が先日ありました。寝つきが良くないわたし。(昔は、とっても寝つきいい人間でした)スマホ…

Natural Selfcare Program

潜在意識の中に眠る自然治癒力のスイッチを発動可能!
新感覚・爽快感ブレインヒーリング
向精神薬に頼らず
うつ病、自律神経失調症、不安障害、摂食障害
PTSD/解離性障害
を短期克服

トラウマ/HSP/潜在意識ヒーリング
四国・愛媛・香川・高知・徳島

 

 

 

 


タイトルとURLをコピーしました